バドミントンダブルスの崩し方配球のコツは?上手い人が狙う場所はココ!

バドミントンダブルスで有効なショットは!?崩し方には技術が必要! 戦術
バドテクシリ たい蔵
バドテクシリ たい蔵

Kenさん!ダブルスで相手を崩す有効なショットを教えてよ!

Ken
Ken

ダブルスのショットだね!
ダブルスは単調だと勝てないから、

相手の崩し方を覚えていこう!

バドミントンダブルスでは相手の崩し方を多く持っているかによって勝敗が大きく変わります
崩すショットの引き出しが少ない人は、返球が単調になってしまい相手に読まれやすくなります。
返しが単調になるとやりやすい相手、つまり簡単に勝てる相手になってしまいます。

今回は…

・バドミントンダブルスで有効なショットとは?
・攻め、守り、低空戦での具体的な配球は?
・ダブルスで相手を崩す技術は?

をお伝えしていきます。
崩し方の技術を覚えて勝てるダブルスにステップアップしましょう!

バドミントンダブルスで有効なショットは?打つ時に気をつけること

ダブルスで有効なショット

はじめに、バドミントンダブルスではどんなショットが有効なショットになるのかを見ていきます。
有効なショットとは相手が好き勝手に攻撃できないようにするショットです。

①下から取らせて上げさせる
②返球先を限定させる
③リズムを崩させる

それぞれ見ていきましょう。

有効ショット①下から取らせて上げさせる

有効なショットで最も簡単に実践できるのが、下から取らせて上げさせるショットです。


下から取らせるとは、相手がショットを打つ際は腰から下、つまりネットより下で打たせることなので、必然的にシャトルが浮いてきます
常にシャトルを下から取らせることを意識していると、常に自分たちが攻撃できることになります。

Ken
Ken

攻撃は最大の防御

自分たちが常に攻撃できるように配球しましょう。

シャトルを沈める

有効ショット②返球先を限定させる

次に有効なショットは、返球先を限定させることです。


例えば、顔面にスマッシュを打たれるとびっくりして、当てるのが精いっぱいでまっすぐにしか返せない場合があります。
また、体の構造上この打点からはクロスには返せず、ストレートにしか返せないという場合もあります。


このように、自分だったらここに打たれたらここにしか返せないな~というところを狙います

Ken
Ken

ダブルス上手い人は

これが上手!

返球先を限定させる

有効ショット③リズムを崩させる

次に有効なショットは、相手のリズムを崩すことです。


ゲームが開始されてしばらくラリーをしているとリズムがわかってきます


例えば、相手がスマッシュを打ったらこのタイミングで手元に来る。
「パーン、パ~ン」というリズムでレシーブすればいいんだな!という感じで体でリズムを覚えます。
リズムを覚えるとレシーブがかなりしやすくなります


そのリズムをカットやチェンジアップ気味に打ち、緩急をつけることで打ちやすいリズムを変えるという戦法です。

バドテクシリ たい蔵
バドテクシリ たい蔵

たまに遅くて取りづらいスマッシュあるね!

リズムを崩す

スマッシュを速くしたい人はこちら☟

スポンサーリンク

攻め・守り・低空戦で狙う場所は?具体的な配球場所

具体的な配球場所

では、次に攻め・守り・低空戦の時の配球パターンを見ていきます。
優位にゲームを進めるために有効な配球パターンを覚えておきましょう!

攻め時の配球

攻めの時に意識する配球は下記の2点です。

●シャトルを下から取らせる
…常に攻めの状態を作れるようにしましょう。
攻めている時は有利な状態なので、その状態を1秒でも長く継続できるように心がけましょう。

●十分な体勢で打たせない
…クリアやドロップを混ぜた方が緩急になって有効ですが、その際にも気を付けることは、十分な体勢で打たせないことです。
鋭いドリブンクリアを打ったり、相手の間を狙うと相手の反応が一瞬遅れる場合があります。
一瞬反応が遅れると準備が十分ではないので、それだけで甘い球が返ってきやすくなります。

Ken
Ken

何度も言うけど

ダブルスは攻めてる方が強いからね!

攻めの配球相手の間に

守り時の配球

守りの時の意識する配球は下記の2点です。

●相手を動かす
…攻められているけど相手を動かすことで、十分な体勢で打たれないことが多いため、強力なショットを打たれにくくなります。
甘い球が来たら攻守交代するチャンスです。チャンスが来るまで辛抱強く守りに徹しましょう。

●シャトルを沈める
…シャトルを沈めるとは、ネットを越えてから浮かないようにすることです。
そうすると有効なショットである、「下から取らせて上げさせる」が簡単に成立します。
うまくシャトルを沈めることができたと思ったら迷いなくネット前に詰めてプレッシャーを与えましょう。

守りの配球相手が打ちにくいところへ

ダブルスの他リターンに関する記事はこちら☟

低空戦時の配球

低空戦の低いラリーの際の意識する配球は以下の2点です。

●ハーフコートを狙う
…ネット前ではなくハーフを狙いましょう。ここでもシャトルを沈めることをを意識して、下から取らせるようにします。
ハーフは前衛に捕まらないようにすることで、後衛が下からとることになるので攻めに転じやすいショットです。

●間を狙う
…相手の間を狙いましょう。
低空戦は速いラリーなので、一瞬の迷いがショットを打つタイミングのズレにつながります。
タイミングがズレるとチャンス球が返ってきやすくなるので相手の間を狙うことも有効なショットです。

低空戦での狙いどころ
バドテクシリ たい蔵
バドテクシリ たい蔵

相手の位置を見とかないとだね!

ダブルスで必須のショートドライブ!習得したい方はコチラ☟

スポンサーリンク

ダブルスで相手を崩すには技術が必要!?上手い人はどんなショットを打ってる?

相手を崩すのはどんなショット

ダブルスで相手を崩すには技術が必要です。先述した内容を意識すると有利な展開を作れる場合が多くなります。
ほかにも崩す技術はいくつかあるので紹介します。

崩す技術①速さの緩急

崩す技術①速さの緩急についてです。
有効なショット③でも紹介した「リズムを崩させる」をさらに具体的に紹介します。

・スイングスピードを変える方法
…主にオーバーヘッドストロークのショットで有効です。
スマッシュやクリアの際に、腕の振りを遅くしたり、手首のスナップを利かせないようにしたり、握りこみのタイミングをずらしてあえてキレの悪いスマッシュを打ったりすることで緩急が生まれます。

・タッチのタイミングを変える方法
…どのショットでも有効です。
例えばネット前でラケットヘッドを先に出しておいて、タッチ直前にヘッドを一旦引いてから打ってみたり、ドライブでも前で打ってみたり少し後ろの方で打ってみたりとタッチのタイミングを変えることで相手のリズムをずらせます。

・シャトルを切って飛行速度を遅くする方法
…こちらもオーバーヘッドストロークのショットに多いです。
スイングスピードは変えずに、シャトルのコルクに面が当たる瞬間に切ると飛行速度が遅くなります。
相手からするとスイングスピードが速いのでスマッシュと思い構えますが、スマッシュのタイミングでシャトルが手元に来ないので早いタイミングで振りはじめてしまいます。

速さの緩急をつける
Ken
Ken

バカ正直に打っていても

ダブルスは勝てないってこと!

崩す技術②打点の高低差

続いて崩す技術②相手の打点の高低差をつけることです。
相手が守りの場合の崩す技術です。

相手の守りの状態のラケットヘッドの位置を観察すると、下がっているパターンとしっかり胸の位置まで上げているパターンがあります。
ラケットヘッドが下がっている時に高い位置に打つと相手は打ちづらく、甘い球が返ってくる場合があります。
高い位置で構えている場合でも、上下交互に打ってみたりと一球一球高さを変えて打つと相手の返球精度が落ちてきて甘い球が返ってきやすくなります。

打点の高低差をつける

ラケットを持っている方の肩あたりも狙いどころです。
そこがが最もレシーブしにくい場所と言われています。

打ちづらい場所に打つ
バドテクシリ たい蔵
バドテクシリ たい蔵

強い人はこれ狙ってるんだね

ダブルスの基本が知りたい方はこちら☟

ダブルスの前衛を強化したい人はこちら☟

スポンサーリンク

まとめ

今回は、
・バドミントンダブルスで有効なショット
・攻め、守り、低空戦での具体的な配球
・ダブルスで相手を崩す技術

をお伝えしました。


まとめとして、ダブルスは甘い返球をさせて自分たちが攻撃状態を続けることが勝つダブルスの考え方です。
今回紹介した有効なショットを実践で1つでも多く混ぜてプレーしてみましょう!

ダブルス崩し方のセオリーをご紹介しましたが、
もっと実践的で上を目指した練習メニューが知りたい方はこちらがおすすめです☟

バドミントン全国大会で優勝するチームは普段どんな練習してるのでしょうか?
もし自分たちもその練習方法を取り入れたら勝てるようになるのか!?

気になりますね・・・

過去何度もチームを全国大会優勝へ導いた監督の指導方法です!

正直言って、一生使える知識です!