バドミントンバックハンドの打ち方コツは?強化できる素振り方法を紹介

バドミントンバックハンド正しい回外運動スイング強化練習方法 ショット
たい子
たい子

Kenさん!バックハンドは回外運動が大事って聞くけど、

正しい回外運動ってどうやってやるの?

Ken
Ken

バックハンドは回外運動じゃないと上手く飛ばせないからね~
回外運動の正しい使い方を見てみよう!

バドミントン初心者でむずかしいのが回内運動と回外運動
バックハンドをうまく打つためには回外運動が必須です。
今回は、

・バックハンドを強化する為の正しい回外運動
・バックハンドのスイング力をUPさせる強化練習

をお伝えしていきます。
まずは正しい回外運動を身につけて「飛ばない打ち方」のクセが付かないようにしましょう。

バックハンドが苦手という方はこちら↓

バックハンドを強化するには正しい打ち方を身につけよう!

バックハンドを強化する為には正しい回外運動を身につけましょう!
この章では正しい回外運動と間違った回外運動をお伝えします。

バックハンドの正しい回外運動①手首の返し方

バドミントンバックハンドの正しい回外運動1つ目は、必要な分だけ手首を返す打ち方です。
インパクト前とインパクト後の面の角度を見るとわかりやすいですが、
ドライブやレシーブのイメージとしては、面の角度が0度~90度くらいしか動かしません。
遠くに飛ばす場合は、90度~180度回転させます。
はじめたての方や、バックハンドが苦手な方は回外運動を意識しすぎて必要以上に手首を回してしまう傾向にあります。

上からラケットを見た時の角度90度

そしてヘッドを走らせようと意識しすぎることです。
特にダブルスではラリーが速いので打ったらすぐに次の準備をしなければなりません。
手首を必要以上に返していては次の球が取れない為、一瞬握りこむだけの感覚で打ってみましょう。

ヘッドを走らせるのはNG
たい子
たい子

え、ラケットヘッドを動かすんじゃないの?

Ken
Ken

実際は動くけど、意識はラケットヘッドに向けない方がいいよ

バックハンドの正しい回外運動②インパクト前の出し方

正しい回外運動2つ目はインパクト前の手の出し方です。
飛ばない人の特徴として、手首の甲を相手に見せるような打ち方をしています。
それでも回外運動は使えますが、飛ばせる打ち方ではありません。
イメージとしてはリストスタンドした状態から、小指第二関節を相手に向けるように出しましょう
そうすると自然といい形でバックハンドを打つことができます。

小指から前にグリップを出すイメージ
たい子
たい子

出し方は意識したことなかったな~

バックハンドの正しい回外運動③肘をうまく使う

正しい回外運動3つ目は肘の上下運動をうまく使うことで回外運動がしやすくなることです。
回外運動を意識するあまり、手首の回転のみで打とうとする方もいますが、実際は肘を上下することで手首の回外運動を助けます。
イメージとしてはバックハンドで打つ際、肘を前に、胸の高さくらいに出して、インパクトの前に手首回外運動開始と同時に肘を少し下げます
すると回外運動の回転がしやすくなり、結果的にヘッドのスイングスピードも上がります
肘を少し上下することも意識してみましょう。

肘を上下に動かしてみると振りやすい
Ken
Ken

バックハンドは肘の使い方が重要だから積極的に使うことを意識してみて!

バックハンドが当たらないという方はこちら⇩

スポンサーリンク

バックハンド技術向上!スイング力をUPさせる強化練習方法とは?

スイング力をあげる練習方法

次にバックハンドのスイング力を向上させるための練習方法を見ていきましょう。
地味なことの繰り返しになりますが、確実にバックハンドの技術は向上するでしょう。

スイング力強化練習①素振り

スイング力強化練習の1つ目は素振りです。
最も効果のある素振りは、正しいフォームで鏡を見ながら同じ動作をすることです。
一回一回合っているか確認しながら、どんなショットを打って、相手コートのどこに打つのかをイメージしながら素振りすると早くスイング力が強化されます。
素振りの際は意識してみましょう!

スイング力強化練習②紐打ち

強化練習2つ目は紐打ちです。
タオルでもOKです!
高い場所から紐を吊るして、その紐をバックハンドでたたく練習です。
紐を面の真ん中で打つイメージで練習しましょう。


紐という目標物があるため、しっかりと見てバックハンドで当てる練習ができるため、実際に打つ時でも当たる瞬間を見ることができます。
そして紐をできるだけ遠くに飛ばす練習をしましょう。
変な方向に打ってしまっても問題ないので気にせずにスイングの練習ができます。

スイング力強化練習③手投げノック

強化練習3つ目は手投げノックです。
下手投げでノックを出してもらい、そのシャトルをドライブか大きく後ろまで練習です。
実際のシャトルを同じフォームで何度も繰り返して振ることで、飛ばせるイメージと飛ばせるフォームを定着させることができます。
ラケットを振り切って大きく飛ばす練習をしましょう
定着させるには手投げノックが最もおすすめです。

当たる時と一緒に足を踏み込んだ方が飛びます⇩⇩⇩

スイング力強化練習④モノを投げる

強化練習4つ目はバックハンドでモノを投げる練習です。
シャトルでもボールでもいいので、バックハンド側の面に乗せて落ちないように持ちます。
その状態で乗せているモノを出来るだけ遠くに飛ばすことです。
モノを遠くまで飛ばすには力を入れるタイミング飛ばす方向の面の角度を身につけることができます。
2人でシャトルをキャッチボールするとちょうどいい練習かと思いますので、時間とスペースがあれば練習してみてください。

バックハンドをもっと鍛えたい方はこちら⇩

スポンサーリンク

まとめ


あまり正しい回外運動を意識したことはなかった方には勉強になったかと思います。
今回は、
・バックハンドを強化する為の正しい回外運動
・バックハンドのスイング力をUPさせる強化練習

についてお伝えしました。
正しいフォームを身につけて試合で使えるバックハンドを手に入れましょう!

Ken
Ken

正しい回外運動わかったかな?

たい子
たい子

えっと…手首の返し方と出し方と肘を意識だね!

バドミントン初心者が強くなる為には勉強が必要です!

ただ練習をひたすら頑張っていても効率が悪いです・・・
しっかりと知識を蓄えてから練習にのぞんでみてください!

成長スピードがかなりアップするはずです!
隙間時間にバドミントンの勉強をするならこの電子書籍がおススメです!↓

さらに・・・もっとバックハンドのコツが知りたい!
という方の為にコツをギュッと凝縮した電子書籍も読み放題です!