バドミントンラケットコスパがいいのは?初心者が安く買うならこれ!

バドミントンラケットをとにかく安い値段で買いたい!価格重視ならこれ! アイテム
たて男
たて男

Kenさん!大会に出られるとにかく安いラケット買いたいんだけど何かない?

Ken
Ken

メーカーにこだわりなければあるよ!
日バ検定通ってるラケット紹介するね!

バドミントンを始めて右も左もわからない!
ラケットも全然わからないから、とにかく安いラケットが欲しい!
という方へのご紹介記事です!

子供が部活で始めるけど、周りに聞ける人いないよ!という方も多いのではないでしょうか?
今回は、

・値段が安いラケットの特徴
・値段が安いラケットのデメリット
・価格順、各メーカーの安いラケット

をご紹介します!


はじめたてはお値段高いラケットも必要ないので様子見として安いラケットから始めてもいいのではないでしょうか?
しかし、しっかりと日バの検定に通って試合に出られるラケットを選びましょう!

安く買うには条件がある!安いラケットの特徴とは?

安いラケットの特徴

まずはじめに安いラケットの特徴を見ていきましょう!
こんなはずじゃなかった・・・ということがないように、特徴をふまえて購入にのぞみましょう!

価格が安いラケットの特徴は?

価格が安いラケットの特徴は、

・お財布にやさしい(1万円以下で買える)
・シャフトが柔らかく初心者向き
・力がない人向きに設計されている
・折れても心のダメージは小さい

です。
これからバドミントンを始める人にとって、いい機能やいい素材が使われていてもわからないので安いラケットで十分です!

これから始める初心者におすすめ!

こんな人におすすめ!

・とにかくオールカーボンでラケットの形であればどんなものでも良い
・1年後バドミントンやってるかわからない
・周りの目は気にしない!価格が第一優先で試合に出られるものを求めている
・力がない人


と、まだ基礎が身についていないという方にピッタリです!

Ken
Ken

これまでいい事を多めに記載しましたが、デメリットもあります!
そこをきちんと理解して購入しよう

たて男
たて男

価格に勝るものはないと思うけどどんなデメリットがあるのかな~

スポンサーリンク

安いラケットのデメリットは?将来を見越して選ぼう

デメリットは?将来を見越して買う

各メーカーで出しているラケットは基本的には2万円以上します。
なぜ経験者は2万円以上のラケットを選ぶのでしょうか。
それはこれから記載するデメリットが大きいからでしょう。

安いラケットのデメリットです。

・機能が少ないのでレベルが上がると物足りない
・ガットを硬く張れない
・鋭いショットが打てないので勝ち上がりにくい
・周りがいいラケットを持っていると劣等感を感じることがある
・安いラケットの上位機種がない場合がある(レベルあがった時に次買うラケットに困る)

です。


やはりレベルが上がるとやりたいことも増えてくるので、そのプレーができるラケットに切り替えることになるでしょう。
安いラケットでは特徴がないので、ある程度レベルが上がると使いにくく勝てないということです。

たて男
たて男

勝つために練習しているから勝てるラケットが欲しいね!
試合で勝てないのはツライ…

Ken
Ken

そうだね!基礎ができたら少し高くなっても特徴があるラケットを選ぶことをおすすめするよ!

Ken
Ken

硬く張れるものでも22ポンドくらいまでかな

女子中学生におすすめはコチラ☟

女子高生におすすめはコチラ☟

スポンサーリンク

結局お値段は?価格・メーカー別のおすすめを紹介

価格・メーカー別おすすめ

お待たせしました!
それでは価格順と各メーカーの安いラケットをまとめました。

参考に日バの検定が通っているラケットです☟

日本バドミントン協会 2023年度 検定審査合格品
日本バドミントン協会 2023年度 検定審査合格品(追加分)
※こちらに記載のないラケットは日本では試合に出られないので購入の際は調べてから購入することをおすすめします!

価格順でのおすすめ

日バ検定通っていて、試合に出られる安いラケットの価格順ランキングです!


最も安いラケット第1位は「プリンス POWER 4000 VI」
驚異の税込み3,980円(検索時の最安値)!
これで日バ検定通っているとは驚きです♪



第2位は「アルペン ティゴラ 2MG3060」
税込み4,389円(検索時の最安値)!



第3位は「ウィルソン FIERCE C PLUS PKBK
税込み4,540円(検索時の最安値)!


第4位は「プリンス LITE 6000 TI」
税込み4,714円(検索時の最安値)!



第5位は「YONEX NANOFLARE JUNIOR
税込み6,160円(検索時の最安値)!



です!
上位5位の中にプリンスのラケットが2本もランクインしています!

Ken
Ken

プリンス安いね!


各メーカーでのおすすめ

続いて各バドミントンメーカーの最も安いと思われるラケットまとめです。
1万円以下で購入できるものです。


①YONEX(YONEXの中では第2位)
税込み7,990円(検索時の最安値)!


②MIZUNO
税込み7,499円(検索時の最安値)!



③GOSEN
税込み7,000円(検索時の最安値)!


④アディダス
税込み7,600円(検索時の最安値)!

お気に入りのメーカーから選ぶのでもいいかと思います!

Ken
Ken

こうやって見てみると1万円以下で買えるもの意外と多いね!

たて男
たて男

リーズナブルではじめやすい!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、
・値段が安いラケットの特徴
・値段が安いラケットのデメリット
・価格順、各メーカーの安いラケット

をご紹介しました!
どんなものでもいいからとにかく安く買いたい!という方には参考になったかと思います。
バドライフの初めの1本として納得するものを選びましょう!

シャトルも安く買いたい!という方はこちら☟

ラケット選びも重要ですが、プレーで苦手を改善することも重要です!
そこでおすすめなのがプロに相談できるサービスを利用すること!

プロの指導者があなたの動画を見て、最適なアドバイスしてくれます!

例えば…
スマッシュを速くするフォームを教えてほしい
ダブルスの動き方でどこが悪いのか指摘してほしい
レシーブを強くするにはどんな練習メニューをすればいいか

悩みは知ってる人に聞くのが一番の近道です!