バドミントンミックスダブルス動き方コツは?混合のローテーションを解説

バドミントンミックスはお互いの役割が重要!動き方のコツ キャプチャー 戦術
ダブ子
ダブ子

Kenさん!最近ミックス始めたんだけどなかなかうまくできなくて・・・

ミックスの基礎とかコツとかないの?

Ken
Ken

ミックス始めたんだ!動き方むずかしいよね!

とくに女性は下がるタイミングとか普通のダブルスと違うからね!

今回はミックスダブルスのコツを教えていくね!

ミックスダブルスは、どこまでお互いがフォローすればいいの?どこを狙うのが効果的?
など通常のダブルスでとは違うところを解説していきます!

ミックスダブルスは、高校生までは競技としてありません。
勢いで勝てるものでもありません

力が違う男女ペアのダブルスになるのでお互いの役割が重要になります。

ミックスダブルス初心者・なかなか勝てないという方に向けまとめましたので参考にしてください!

混合ダブルスは役割制?トップアンドバックで戦うなら仕事に徹せよ!

自分の仕事役割に専念する
Ken
Ken

ミックスダブルスは慣れ!

とにかく多くゲーム練習しましょう!

ゲーム中は自分の仕事を意識する必要があるよ

慣れればいつものダブルスとさほど違いはありませんが、役割をしっかりとこなす必要があります 

前衛の役割とは?

ミックスダブルスの前衛の役割を解説していきます!

前衛の役割とは
  • 簡単に上げない
    前に落とす
    速いショットを止める
    上がった時はレシーブする為に下がる

簡単に上げない

まず一番重要なのが、「簡単に上げない」ことです。
いつものダブルスだったら同性同士なのでしっかり上げて守ればいいですが、ミックスダブルスだと確実に弱いところを攻撃されます!

下から取らされる場合でも落とす技術を身につけましょう!
トップアンドバックで戦う場合、攻撃されると後衛に負担がかかってしまうので上げるのは我慢です!

Ken
Ken

後衛の負担を減らすためにも、前衛が極力上げないことが重要です!

前に落とす

次に重要な役割は「前に落とす」こと。

「前」とはネットギリギリを狙うという意味ではなく相手の前に落とし、下から取らせることです。

Ken
Ken

ここでは「シャトルを浮かせない」ことが重要です!


ショートドライブを使ってネットから浮かない球を打てるように練習しましょう!
そして、できるだけネットを越えたあたりでシャトルに早く触るという意識を持ちましょう。
早く触ることができれば、それだけ相手にプレッシャーを与えることができます。

速いショットを止める

役割として3つ目は「速いショットを止める」です。

バドミントンのミックスは特にドライブ勝負が多いです。
ドライブ合戦に入っていくのは怖くて勇気がいりますが、ラケットに何とか当てて返すだけでも後衛にとってはかなり楽になります

積極的にドライブ合戦に入ってシャトル触る勇気を持ちましょう!

Ken
Ken

ここだけは抜かせないという気持ちで、

一つのコースだけでもいいので前衛で止めることができれば

後衛はすごく楽!


壁を作るイメージで、とにかく面を作って触ることが重要です!

上がった時はレシーブする為に下がる

役割の最後は「レシーブする為に下がる」です。

しっかりロブが上がった場合は、レシーブに参加しましょう。
しっかりロブが上がっているのに、前衛がレシーブに参加してくれないと、後衛はコートすべてを守ることになります

Ken
Ken

ロブが上がった時は、勇気をもって思い切って下がりましょう!


しかし、下がれば狙われて攻撃される危険もあります。

ポイントは、上げた方とクロスの位置に下がることです!
クロスの位置に下がると、スマッシュを打たれても距離が長いのでストレートよりも強烈なスマッシュがくる可能性は低くなります

そして、速い球に臆せずに向かっていき、何とか当ててまた前に入るという勇気も必要です。

前衛の立ち位置に関する記事はこちら↓

後衛の役割とは?

続いて後衛の役割を解説してきます!

後衛の役割とは
  • 攻撃をして相手を崩す
  • ほぼ半面シングルで前衛をカバー
  • 上げない工夫

攻撃をして相手を崩す

まず一番重要な役割が、攻撃をしてペアの前衛が決めやすいところに返球させることです。

決定力があればいいですが、なければ相手の嫌がるコースを狙って、パートナー前衛の守備範囲に引っかかるように球回しをする必要があります。

ダブルススマッシュコースいい例の説明
Ken
Ken

相手も簡単には上げてくれないので、低空戦になりがちです


低空戦でも攻められるようコンパクトに、鋭く攻められるよう練習しましょう。

ほぼ半面シングルで前衛をカバー

縦に割った半面ではなく、横に割った半面シングルなので、サイドの動きが多くなります。

相手のどんなショットも前衛から抜けてくることを想定し、いつでもフォローできる体勢で構えましょう

Ken
Ken

通常のシングルスよりもテンポが速いので、とても忙しいポジションです…

上げない工夫

前衛同様で上げないようにしましょう。

簡単に上げれば自分の首を絞めることになります・・・
ミックスの戦いは低空戦で、ネットを越えてからシャトルの軌道を下げるショットが多いです。

Ken
Ken

フラットにシャトルを打っていては低空戦で勝てません

スライスなどのラケットワークが必要!

スライスしながら押して打つ、浮かないようなショットを身につけましょう
後衛には、常に相手の穴を見つける視野の広さと、そこに配球できるコントロール力も必要です。

後衛は何といってもスマッシュ力が必要です!スマッシュ力を鍛える方法はこちら↓

スポンサーリンク

うまく役割を果たせないのならローテ―ションも!

役割がはっきりしている分、ペアに求めるレベルも高く、悪い流れになってしまうと「仕事をしっかりしてくれないからだ!」とペアのせいにしてしまいがちです。

Ken
Ken

ミックスでもコミュニケーションを取ることが大切

試合中でも積極的にコミュニケーションを取りましょう

そして、悪い原因がわかってるのならフォローしてもらったり、フォローの提案をすることが大事です。
遠慮していては良い流れにはなりません。積極的に主張し、ペアへの感謝と、いい動きをしたときは褒め合いましょう

うまくいかない時はローテーションしてみて、自分たちの攻撃パターンを探ることが重要です!

スポンサーリンク

ミックスダブルスの点の取り方セオリー

ミックスの点の取り方セオリー

点の取り方のセオリーな考え方を紹介します。

相手のフォーメーションが・・・

  • 相手がトップアンドバックのフォーメーションの場合
  • 相手がサイドバイサイドのフォーメーションの場合

相手がトップアンドバックのフォーメーションの場合

相手がトップアンドバックの時、自分たちが行うことを解説します!

点とるコツは2人の間

トップアンドバックに対しての狙いどころは、前衛と後衛の間に落とすことです。
後衛に十分な体勢で打たせないことが重要です。

Ken
Ken

相手も同じ戦法をとってきます

上げた方が負けの、まさにがまんくらべです!

ネット手前を狙うのもいいですが、最も効果的なのは前衛の少し後ろ、後衛の少し前を狙いましょう。

トップアンドバックの間ハーフを狙う

ロブが上がったら

上げさせ合戦に勝ち、ロブが上がってくると攻めのチャンスです。
オープンスペースか、前衛が後ろに後退したところを狙ってみましょう

Ken
Ken

後ろに下がりながらレシーブするとミスが多くなります

そこが狙いどころ!

また、スマッシュと見せかけてカットを打ったりと、レシーブする為に下がる相手の前に落とす!
移動する方向と逆を狙うのも効果的です。

相手がサイドバイサイドのフォーメーションの場合

続いて、相手がサイドバイサイドの時に自分たちがするプレーについてです!

点とるコツはレシーブが弱い方を狙う

サイドバイサイドに対しての点の取り方は、徹底的に弱い方に攻撃することです。

通常のダブルスでは同性なので、パワーもレシーブ力もそれほど離れていないので意識する必要はありませんが、ミックスは異性なのでパワーが違います。

Ken
Ken

普段の練習で相手が女性の時は、強い球NGな場合がありますが、

本番の試合で気にしていては、負けたら元も子もありません!

気にせずに徹底的にバンバン狙っていきましょう!

弱い方を狙うことで返球が甘くなり優位にゲームを進めることができます。
また、相手の強い方はフォローに入ろうとするので穴が見つけやすくなります

ロブが上がったら

ロブが上がっても、やはり弱い方を攻撃することです。

サイドバイサイドなので、守備のカタチは通常ダブルスと同じなので、相手も守りはしっかりしていると思いますが、弱い方を狙うことで点を取るチャンスにつながる確率は高くなります。

またダブルス同様相手2人の間にスマッシュするのも効果的です。

Ken
Ken

スマッシュコースは、相手の真正面以外にしましょう!
真正面だとスムーズに前へ入りやすいので、

少しずらせばレシーブしにくくなります

スポンサーリンク

弱い方を狙うべし!

女性を狙うのが常識」というミックスでのあるあるですが、そんなことはありません
一般的に男性よりも女性のほうが力が弱いため、女性を狙うことが多いです。
しかし、女性の方がレシーブ力がある場合や、男性の方がよく上げてくれる場合などは男性を狙いましょう。

Ken
Ken

僕も女性ばかり狙って結局負けた経験がある・・・

女性がめちゃくちゃ強かったペアでした

相手も女性が狙われることはわかっているので、女性側のレシーブを強化しています

ゲームはじめのほうは弱点の様子見という意味でも、いろんなところを狙ってみましょう

もっと戦術が知りたいという方はこのバドミントン戦術の教科書がおすすめ!

プレーの引き出しが増えます!
・ダブルスで狙うところがわからない…
・ラリー展開の考え方がわからない!
・ショットにどのような効果があるのかわからない…
という方におススメです!

シングルス・ダブルスの試合で使える実用的な本です!
悩んだ時に、手元にこの本があると心強い♪

バドミントンの戦い方 マルチアングル戦術図解 藤本ホセマリさん著 ⇩⇩⇩

どっちが後衛とか固定概念はなくす!

固定概念をなくす

女性が前衛、男性が後衛が常識」というのもミックスのあるあるですが、こちらも逆になっても問題ありません
ただ、後衛にはカバー力とスマッシュ力が求められるため、どうしても男性の方が後衛になるパターンが多いです。

女性が後衛、男性が前衛のパターンでシニア年代別優勝したペアもいます!

Ken
Ken

ちなみに、そのペアは特に男性の前衛が上手かったため、

点を取りやすいパターンにはまったという感じですね!

固定概念をなくし、自分たちがどのパターンが強いのか模索しましょう。

まとめ

ミックスは、「男性はこう女性はこう」という決まりはありませんが、実力差があるので役割がはっきりしています。
共通点としては簡単に上げないことです。
お互いがお互いを利用するという気持ちでプレーできればいいですね。
ダブルスは2人のコンビネーションが大切なので、「この場合はこうする」などの役割をコミュニケーションで確認することが大切です!

Ken
Ken

ダブ子ちゃん、ミックスできそう?

ダブ子
ダブ子

基本は理解できたよ!頑張ってみるね!

バドミントン初心者が強くなる為には勉強が必要です!

ただ練習をひたすら頑張っていても効率が悪いです・・・
しっかりと知識を蓄えてから練習にのぞんでみてください!

成長スピードがかなりアップするはずです!
隙間時間にバドミントンの勉強をするならこの電子書籍がおススメです!↓