バドミントンシングルスの崩し方は?強い人がやっているだましの打ち方

バドミントンシングルスの崩し方は?強い人がやっているだましの打ち方 戦術
たて男
たて男

Kenさん!シングルス強い人は何をしているの?

Ken
Ken

強い人は相手への見せ方を工夫しているよ!

バドミントンシングルスで強い人が行っているのは相手を崩すことです。

バドミントは駆け引きです。
どのように相手をだますか、崩すかで自分に優位な展開に持ち込むことが可能になります。

ハッタリ、だましの打ち方を身につけ、別でお伝えしている戦術や考え方と合わせると、相乗効果でもっと勝率を上げることができます


要は見せ方です!だます打ち方を覚えましましょう。
今回は、

だましの打ち方はなぜ必要なのか
だましの打ち方の種類
だましの打ち方の注意点


をお伝えします。
これを身につけるだけでぐっと勝利が近くなります。
バカ正直なショットではいくらスマッシュが速くても、フットワークがすばらしくても勝つことは難しいです。
県大会上位や全国を目指すなら必須の技術かと思います。

シングルスの戦術にはだましの打ち方がなぜ必要?

シングルスのだまし方

シングルスにはだましの打ち方が必要です。
なぜ必要なのかを見ていきましょう。

だましの打ち方とは

だましの打ち方とは、相手に動きを予想させ、意表を突くための打ち方です。


具体的には、相手の予想とは違う方向にシャトルを打ち、相手を動かしたり、ミスを誘ったりすることで、自分の攻撃のチャンスを作ります。

イメージしみてみください。
右に来ると思っていたのに実際に飛んできたのは左だったら、動き出し遅くならないでしょうか?
右に来ると思っているので右に重心が移動しています。
そこから左へ移動するにはかなりのエネルギーが必要になります。


相手のエネルギーを消耗させられたらだましの打ち方は成功です!

シングルス大きく見せるハッタリ

だましの打ち方をするメリット

だましの打ち方をするメリットを見ていきましょう。

・自分の攻撃のチャンスを増やすことができる
・相手のミスを誘うことができる
・試合を有利に進めることができる
・相手を疲れさせることができる

です。
最も大きなメリットは攻撃のチャンスが増えること
甘い球が返ってきやすくなるので簡単に得点を取ることができるようになります。

だまして相手を崩す
スポンサーリンク

だましの打ち方にはどんな種類がある?

どんな種類のショットがあるのか

だましの打ち方には、いくつかの種類があります。代表的なものをいくつかご紹介します。

面を直前で変える方法

1つ目に面を打つ直前で変える方法があります。  
主にネット前やつなぎの球を打つ時に使えます。


相手は打つ直前の面の向きを見てシャトルが飛ぶ方向や強さを判断します
打つ直前に面を見せるクセをつけておきましょう。
面を相手に見せておけば色々と予測してくれるので、普通にネット前に打つ場合でも何倍にも相手の負荷が上がります。


面を見せるクセをつけておけば、実践で相手をだますのに大きく役に立つでしょう。

またこんなメリットがあります。

・スイングがコンパクトになるのでミスも少なくなる
・握り込むタイミングが掴めるようになるので飛ばせるコツを掴める

面を直前で変える

体で見せる方法  

2つ目に体で見せる方法です。


力が入ってる➡スマッシュが来る!
球の下に入るのが遅い➡クリアかドロップ?
など、ある程度予測することができます。

特にシングルスでオーバーヘッドストロークで打つ時は、スマッシュかクリアかドロップか、どのショットが来るかわからないように打つことも重要になります。


ラケットを持っていない手の角度を少し変えたり、いつもより胸を張って打つだけでも相手から見ると全然違って見えます。
相手にどう見られているかを意識してみましょう。

体で大きく見せる

タイミングをずらす方法

 
3つ目にタイミングをずらす方法です。


同じフォームで同じテンポで打っているとリズムを覚えられてレシーブしやすくなります
また力の入れ具合によっても相手の手元に届くシャトルの威力も変わります。
打つタイミングをずらしたり、相手の手元にシャトルが届くタイミングをずらすショットも余裕があればやってみて下さい。

タイミングをずらす

緩急をつけることも大切です↓

面で切る方法


4つ目に面で切る方法です。


面を切ると言えばオーバーヘッドストロークでカットのイメージが強いですが、他の場面でも面を切って打つ事は出来ます。


例えば、ドライブ中に切ってクロスに打ったり、プッシュする時にリバース気味に切ったり…
どのショットでも切れるので、相手をだますショットとしては色々な場面で使えます。
暇がある時に切る遊びをして切る感覚を養う事につながります。

面で切る
スポンサーリンク

だましの打ち方を使う際の注意点とは?

だましのショットの注意点

だましの打ち方を使う際の注意点は、

・とにかく早くシャトルの下に入って余裕がないと打つことができない
・意識しすぎるとミスが多くなる
・相手の反応を見て、効果がある事を確認しながら実践する


です!
相手は何に嫌がるのかを分析しながら打ってみてください

相手の構え方によっても崩し方は変わります。相手を見るポイントはコチラ↓

スポンサーリンク

まとめ

今回は、
だましの打ち方はなぜ必要なのか
だましの打ち方の種類
だましの打ち方の注意点

についてお伝えしました!
だましの打ち方をすこしできるだけでも相手を崩せる場面が増えていきます。
シングルスで勝てるようになるにはだましの打ち方もできるようになりましょう!

もっとバドミントンの戦術についての基礎を学びたいという方はコチラの本がおすすめです!

藤本ホセマリさん著の「バドミントンの戦い方(マルチアングル戦術図解)」

この本ではシングルス・ダブルスの戦術はもちろん
なぜここのショットが有効なのかを図解でわかりやすく解説されています!

自分の考え方の答え合わせにもなるし、知らない戦術も見つかるかもしれません。
バイブルとして手元の置いておいて損はない一冊です。

シングルスのラケットで何を選んだらいいかわからないという方はこちら⇩

バドミントン初心者が強くなる為には勉強が必要です!
頭も一緒に鍛えましょう!

ただ練習をひたすら頑張っていても効率が悪いです・・・
しっかりと知識を蓄えてから練習にのぞんでみてください!

成長スピードがかなりアップするはずです!
隙間時間にバドミントンの勉強をするならこの電子書籍がおススメです!↓