バドミントンシングルスの練習メニューは?ノック以外のパターン練習!

バドミントンシングルスの練習方法は?ゲーム練習やパターン練習を紹介 戦術
たて男
たて男

Kenさん!シングルス強くなれる練習方法教えてよ!

Ken
Ken

了解!今回はシングルスの練習方法だね!

バドミントンシングルスを強化するにはゲーム練習、パターン練習、ノック練習、基礎トレーニングをまんべんなく行う必要があります。


今回は・・・

・シングルスで特に強化すべきポイント
・シングルスのパターン練習やゲーム練習で得られること
・具体的なパターン練習

をお伝えしていきます。


その中でも強くなるには特に大事な強化ポイントも紹介していきます!

バドミントンシングルス練習メニューはまんべんなく!

練習はまんべんなく

シングルスの具体的な練習の前に、はじめにお伝えするのは「練習メニューはまんべんなく!」です。
シングルスは心、技術、体力、つまり「心技体」すべてをバランスよく鍛える必要があります。

シングルスで強化すべきポイントは?

ではシングルスで特に強化すべきポイントはどこでしょうか。3点見ていきましょう。

強化ポイント①フットワーク力

1点目はフットワークです。


シングルスと言えば、1人でコート全体を守らなければならないのでフットワークは必須です。
特に動き出しの動作、つまり「初動」が最も重要で、それさえうまくできれば足がバラバラでもコート全体を守ることができます。


初動のトレーニング方法はこちらで解説しています↓


強化ポイント②シャトルコントロール

2点目はシャトルコントロールです。


その中でも特に大事なのは、ネットを越す感覚です。
これはすぐには身につかず、ひたすら練習して自分の感覚を掴むしかありません
初心者の方はシャトルを「打つ」感覚でネットを越そうとしますが、上手な人は「押し込む」「持っていく」「置きに行く」という感覚で打ちます。


「打つ」という感覚打ってしまうと、飛びすぎてしまいコントロールが効きません。

たて男
たて男

ネット浮いちゃうのはこれか…

強化ポイント③考える力

3点目は考える力です。


シングルスは詰将棋と似ています。
自分の駒(ショット)どのタイミングで使って相手を崩すか、中にはエサとして甘い球を出したりとリスクを犯す必要もあります。
常に相手の気持ちになって、「どのパターンが相手が嫌がるか」「どのショットが相手はうまく返しづらいか」を考えながら柔軟にプレーする必要があります。


シャトルが来てから考えるのでは遅いということですね!

たて男
たて男

返すので必死だから考える暇がない…

シングルス練習メニューはまんべんなくする

シングルスの練習はまんべんなくを意識しましょう。


とりあえず拾うことが重要だ!とノックばかりやっていても勝てるようにはなりません。

基礎練習…

反復することでシャトルの「タッチ感」を養います。シャトルコントロール・ラケットワークが身につきます。

ノック…

足を動かすことで動きの中でうまく打つ方法が身につきます。フットワークとボディワーク、体力が身につきます。

パターン練習…

試合中でよくあるパターンを反復し、そのパターンの対応を体に覚え込ませます。

試合・ゲーム練習…

どうすれば点が取れるのか、点の取り方、相手の崩し方、考える力を養います。チーム戦や罰ゲームなどをすると緊張感が出てきてメンタルも鍛えることができます。


このように練習内容によって目的をはっきりして取り組む必要があります。

スポンサーリンク

シングルスのパターン練習やゲーム練習で得られることと意識するポイント

練習で得られることと意識するポイント

ではもっと詳しくシングルスのパターン練習やゲーム練習で得られることと意識すべきポイントを見ていきましょう。

シングルスパターン練習

パターン練習になるとだらけてしまう人も見かけますが、目的が明確ではないのでなんとなくやってしまっているのでしょう。
練習前にみんなで確認する必要があります。

パターン練習で得られること

パターン練習で得られることは、「対応方法」です。


パターン練習は、よく見かけるゲーム展開を想定した内容になると思いますが、特に「ミスが減らせる」「カウンターが狙える」ということがパターン練習の大きなメリットです。


ゲーム中に想定していないところから強いショットが来ると、どのように返したらいいのか焦ります。
焦りはミスを多くすると同時に相手にとってチャンスボールを上げることにもつながってしまいます。


普段からいろんなパターン練習で対応できるように「準備」することを身につけましょう。

Ken
Ken

準備で上手くいくかはほぼ決まる!

パターン練習で意識すべきポイント

パターン練習で意識するポイントは「準備」と「相手の観察」です。


準備は先ほど記述した通り、ミスを減らすために焦らないようにすることが大事です。
もう1つのポイント、「相手の観察」では相手の動き方を見てみましょう。


パターン練習では相手は同じ動きをします。
同じ動きを何度も見ていると、体重移動のタイミングや足の運び方、打ち終わりのラケットの位置などがわかるようになります。
相手の動きがわかると、「こっちに打ったら取りにくいだろうな」「このタイミングでここに打たれたら取れないだろうな」ということがわかってきます。


パターン練習ではそのようなことを考えていると、実際の試合になると相手を崩すショットが打てるようになるでしょう。
ショットのコースを考えるヒントにもつながります。

Ken
Ken

シングルスは相手をどう崩すか

シングルスゲーム練習

次にゲーム練習での得られることと意識すべきポイントを見ていきましょう。

ゲーム練習で得られること

ゲーム練習で得られることは「考える力」です。


相手を崩す方法、自分のショットが通用するのかなど、どのショットを軸にラリーを組み立てるのか考える力が身につきます。
考える力を身につけられれば、格上の相手にも勝てるチャンスが増えます。
逆に考える力がなければトーナメント上位まで勝ちあがれないでしょう。

Ken
Ken

考える力はバド以外でも重要なのでクセを付ける!

ゲーム練習で意識すべきポイント

ゲーム練習で意識すべきポイントは「本番」を意識することです。


本番では負ければ終わりです。


あと1点取れれば勝ちだったのに…

という経験は多くの人が味わっています。
あと1点をもぎ取れる力をつけるために、本番を意識した緊張感でプレーすることを意識してみてください。

スポンサーリンク

シングルス強化の具体的なパターン練習メニューは?

シングルス強化の具体的なパターン練習メニュー

最後にシングルスの具体的なパターン練習を紹介していきます。
分数やセット数など自分のレベルに合わせて決めましょう。
これから紹介する練習内容にさらに追い込んだ内容を追加するとより負荷が上がって良い練習ができると思います。

パターン練習①ラリー強化

1つ目の練習は、ラリー強化の練習です。


シングルスは何と言ってもラリー力です。
ラリー力を養うにはスマッシュなしのシングルスフリー練習が最も効果的です。


1対1でラリーが続かないようであれば2対1で、2の方が厳しい球を出さずにとれる範囲で出してあげましょう。
スマッシュがなければラリーが続くのでどこのコースを狙うか、どう崩すかを考えながらプレーできるようになります。

スマッシュ禁止

パターン練習②ネット強化

2つ目の練習は、ネット勝負からのフリー練習です。


シングルスで大切なショットはネットです。


ショートサーブからネット勝負して、タイミングがいいところでロブを上げます。
そこからスマッシュを打って、そのあとはフリーという流れです。
ネットから速く下がって、十分な体勢からスマッシュを打つ練習になります。


シングルスで勝つにはネット際に強くならなければなりません

ネット勝負

パターン練習③クリア強化

3つ目の練習は、クリア勝負からのフリー練習です。


クリアもシングルスには大事なショットです。
ロングサーブから、クリアの応酬、その後一方がカットを打ったらフリーという流れです。


クリアのコントロール力を養うと同時に、カットを打たれるかもしれないので重心は後ろに残せず、体重移動の訓練にもなります。
より本番に近い体重移動の練習になります。

クリア勝負

パターン練習④レシーブ強化

4つ目の練習は、レシーブを強化する練習です。


2対1で、1はひたすらレシーブするという練習内容です。
2側の後衛から攻撃する場合は決めに言ってもOKですが、あとは取れる範囲でつないであげましょう。
あくまでも1の守りの練習です。


レシーブでミスらずにつなぐ力を養うと、自然とラリー力が身につくのでこちらもおすすめです。

レシーブ強化

パターン練習⑤攻撃強化

5つ目の練習は、攻撃力を強化する練習です。


こちらも2対1での練習で、1がひたすら攻撃するという練習内容です。
なかなかスマッシュ1発では決まらないので、何かのショットを誘い玉として次を考えられるようになります。


この練習をしていると、本番で決められるようになるので本番の方が楽になります。


〇分間攻撃というように時間で練習してもいいですが、1が〇点とるまで!など終わりの条件を得点に変えてみると緊張感が増してより本番のための練習ができるようになります。

ずっと攻撃

スポンサーリンク

まとめ

シングルスの練習は「まんべんなく」がポイントです。
今回は・・・
・シングルスで特に強化すべきポイント
・シングルスのパターン練習やゲーム練習で得られること
・具体的なパターン練習

をお伝えしました。


練習メニューは考えれば無限に出てくるので、何を強化するのかという目的をしっかりと決めた内容で取り組んでいきましょう。

もっと実践的で上を目指した練習メニューが知りたい方はこちらがおすすめです☟

バドミントン全国大会で優勝するチームは普段どんな練習してるのでしょうか?
もし自分たちもその練習方法を取り入れたら勝てるようになるのか!?

気になりますね・・・

過去何度もチームを全国大会優勝へ導いた監督の指導方法です!

正直言って、一生使える知識です!