バドミントンシングルスダブルスのルールやサーブをわかりやすく解説!

バドミントン初心者ゲームの進め方ルールをわかりやすく教えて~のキャプチャー 知識
ウマクナリたい子
ウマクナリたい子

Kenさん!バドミントン始めたんだけど試合のルールがわからないから教えてほしいな!

Ken
Ken

お!ついにたい子ちゃんもバドミントンはじめたんだね!

じゃあ試合の進め方とか気を付けることとかを一緒に見ていこう!

バドミントン初心者では、どうすればゲームができるのか、流れがわからない場合があると思います!
基本的にはやっていく中で覚えていくことですが、周りの人たちが知っているのに自分だけ知らないという状況だと迷惑をかけてしまうかもしれません。

全部を完璧に覚えなくても今は大丈夫ですが、基本的な流れは覚えておいた方がいいでしょう。

今回はシングルスとダブルスのゲームの進め方やフォルト、レットなどのルールなども解説していきます。最後に暗黙のルールも記載していますので気になる方は最後まで確認しましょう!

  1. バドミントン初心者はシングルス・ダブルス共通ルールから!
  2. 違反(フォルト)とやり直し(レット)を覚えよう!
    1. どんなことをすれば違反(フォルト)になる?
      1. フォルト①:ミスをしたとき
      2. フォルト②:体にシャトルが当たっとき
      3. フォルト③:シャトルを2回打った、または持ったとき
      4. フォルト④:ネットタッチしたとき
      5. フォルト⑤:ネットを越えて打ったとき
      6. フォルト⑥:打つ相手を邪魔したとき
      7. フォルト⑦:体育館の天井や建物の一部にシャトルが当たった時
      8. フォルト⑧:サーブのフォルト
    2. やり直し(レット)はどんな時?
      1. レット①:相手が構えていないときにサーブ
      2. レット②:どちらが得点したかわかならい
  3. シングルスとダブルスのゲームの進め方基本をわかりやすく解説!
    1. シングルスゲームの進め方
    2. ダブルスゲームの進め方
  4. 知っておくと困らない?初心者が迷惑をかけないバドミントン暗黙のルールやマナーとは?
    1. 暗黙のルールやマナーは知っておいて損はない!
      1. 暗黙ルール・マナー①シャトルの渡し方とは
      2. 暗黙ルール・マナー②ミスした人がシャトルを取りに行く
      3. 暗黙ルール・マナー③ネットの下はあまりくぐらない
      4. 暗黙ルール・マナー④相手に当ててしまったらあやまる
      5. 暗黙ルール・マナー⑤ラケットを折ってしまったとき
      6. 暗黙ルール・マナー⑥年下が得点を数える
  5. まとめ

バドミントン初心者はシングルス・ダブルス共通ルールから!

初心者はルールから覚える

ゲームをスムーズに成立させるために、まず初心者の人は次のことを覚えておきましょう!

1ゲーム21点 2ゲーム先取した方が勝ち
・20対20になると2点差がつくまで続く、最終30点取った方が勝ち
ラリーに勝った方から次のラリーはサーブを打つ
・サーブは真ん中のラインで左右に分けて、クロスに打たなければならない(例えば右から打つ場合は相手コートの右側に打つ)
サーブを打つ時、点数が偶数であれば右から、奇数であれば左からサーブをする
・インとアウトの境目のライン上はイン
・11点で1分のインターバルがとれる
・ゲーム終了後、コートチェンジ 2分間のインターバル
・お互い1ゲーム取ると3ゲーム目、3ゲーム目の11点でチェンジコートする 3ゲーム目取った方が勝ち

得点によってサーブの場所が変わる

シングルスもダブルスもラリ―ポイント制なのでラリーに勝った方にポイントが入ります。
公式ルールは1ゲーム21点ですが、時間短縮のために15点の場合や30点1ゲームのみの場合もあるので大会要項で確認しましょう。

たい子
たい子

結構いっぱいあるね・・・

Ken
Ken

とりあえずはじめは21点で1ゲームは終わり
ラリーに勝った方が次にサーブを打つ
ということだけ覚えておけばOKだよ!

スポンサーリンク

違反(フォルト)とやり直し(レット)を覚えよう!

フォルト違反とレットやり直しを覚える

ラリーの勝敗以外にもフォルトという違反とレットというやり直しがあるので、こんなことをしたら違反になるということも見ておきましょう!

どんなことをすれば違反(フォルト)になる?

フォルトをとられると相手の得点になりますのでフォルトにならないように気をつけましょう。

フォルト①:ミスをしたとき

自分が打った球が相手コートの外に落ちたときやネットに引っかかった時にもフォルトといい相手の得点になります

ネットに引っかかったりラインの外に出るとフォルト

フォルト②:体にシャトルが当たっとき

相手が打った球が自分の顔・体・衣服に当たったり、ラケット以外に当たるとフォルトで相手の得点になります

体に当たるとフォルト

フォルト③:シャトルを2回打った、または持ったとき

相手コートに返すのにシャトルを2回打ったり、一度シャトルをラケットの面に乗せてから返したりする(ホールディング)とフォルトで相手の得点になります

ラケットで乗せたり二回打つとフォルト

フォルト④:ネットタッチしたとき

体・衣服・ラケットなどがネットに触れるとフォルトとなり相手の得点になります

ネットに触るとフォルト

フォルト⑤:ネットを越えて打ったとき

相手の打った球がネットを越えていないのにシャトルを打ってしまうとフォルトで相手の得点になります

フォルト⑥:打つ相手を邪魔したとき

シャトルを打つ相手の邪魔をしたとき、例えばネット下からラケットを出したり、打つ瞬間に声を出してびっくりさせたりするとフォルトで相手の得点になります

相手を妨害するとフォルト

フォルト⑦:体育館の天井や建物の一部にシャトルが当たった時

体育館の天井が低かったり、隣のコートと分断するときに引くネットのひもなどがコート真上にある場合はプレー中にシャトルが当たる場合があります。
その場合もコート外に落ちたことになるのでフォルトになります。

フォルト⑧:サーブのフォルト

サーブを打つ時のフォルトは以下の通りです。
セット(サーブを打つ前に構えること)してからはスムーズに打たなければなりません。

・セットしてから5秒以内にサーブする
・セットしてから一連の動作でサーブを打たなければならない(動作を止めてはならない)
・サーブの打点は床から115㎝以下で打たなければならない
・サーブ時に足は床から離れてはならない(引きずってもならない)
・コーナー内でサーブしなければならない(ラインを踏んでもフォルト


やり直し(レット)はどんな時?

フォルト以外でもレット(やり直し)というルールもあるので知っておきましょう

レット①:相手が構えていないときにサーブ

サーブを打つ時に相手が構えていないとレットとなります。
また、サーブを受ける相手以外のプレーヤーも構えていないとレットになります。

Ken
Ken

相手が構えてからサーブを打ちましょうということだね!

レット②:どちらが得点したかわかならい

ショットがライン上ギリギリでインかアウトかわからない場合、線審・主審が判断できない場合はレットになります。
かなりまれですが、ネットの頂点でシャトルが止まってしまう場合があります。その場合もレットです。
ネットを越えてもシャトルがネットに引っかかった時もレットです。

たい子
たい子

ネットの上でシャトルが止まることあるの?

Ken
Ken

ネット勝負してるときにたまにあるんだ!
Kenも今まで2回くらいあったな~

ネットに止まったらレット

スポンサーリンク

シングルスとダブルスのゲームの進め方基本をわかりやすく解説!

ゲームの進め方

ここでは得点が動いた時にどう動くのかをシングルス・ダブルスそれぞれで説明します!
ダブルスでは気を付けなければならないことも記載しますので確認しておきましょう!

シングルスゲームの進め方

まずコートは画像の色が付いている部分がイン、そのほかはアウトになります。
インとアウトの境目のライン上もインになります。

シングルスのインコート

じゃんけんまたはコイントスでサーブを打つかレシーブをするか、コートはどちらかを選びます。
サーブを打つ人はコートの右から、相手コートに右側にサーブを打ちます。
サーブ以外でのラリーは全コートになります。

シングルスのゲームの流れ
シングルス得点取った場合

ラリーに勝った方が次のサーブを打ちます。
その場合は点数によって右からサーブか左からサーブかが決まります。

この繰り返しで21点までプレーを行います。

シングルスができるようになりたい方はこちら↓

ダブルスゲームの進め方

ダブルスこコートは画像の色が付いている部分がイン、そのほかはアウトになります。
ダブルスはサーブの時だけが特殊で、エンドラインからひとつ前のラインがインのラインになります。

ダブルスのインコート
ダブルスのゲームの流れ
ダブルスのサーブの順番
たい子
たい子

ダブルスがややこし~覚えられるかな・・・

Ken
Ken

大丈夫だよ!はじめは慣れないけど、やってればすぐに覚えられるよ!

ダブルスで気を付けること
・自分たちがサーブしたラリーで勝った場合のみ、左右の立ち位置が移動します
 今自分は左右どっちからラリースタートなのかを意識しておきましょう!

ダブルスができるようになりたい方はこちら↓

スポンサーリンク

知っておくと困らない?初心者が迷惑をかけないバドミントン暗黙のルールやマナーとは?

暗黙のルールやマナー

正式ルールではありませが、バドミントンの競技を行う上でのマナーの部分を記載します。
他競技からバドミントンに転向された方は習慣にないかもしれませんが覚えておいて損はありません

暗黙のルールやマナーは知っておいて損はない!

暗黙ルール・マナー①シャトルの渡し方とは

シャトルは慣れてくると、すくってそのまま相手に打ち返す場合が多いですが、特に学生は上下関係が厳しいので一度シャトルを手に持ってから相手に打ち返しましょう
相手へ打つ場合も上からやバックハンドではなく、フォアのアンダーハンドで相手に取りやすいように打ってあげることがマナーです。

よくTOPの選手が、ネット引っかかって落ちたら、そのまま相手コートにラケットで押して返していますが、一般の練習場所だと気を悪くする人が多いので気をつけましょう!

暗黙ルール・マナー②ミスした人がシャトルを取りに行く

ミスをしたり、ネットに引っかかった場合はミスした人が取りに行きましょう
ダブルスの場合はペアがシャトルに近い場合はペアでもOKですが、できるだけミスした人が取りに行くのがマナーです。

暗黙ルール・マナー③ネットの下はあまりくぐらない

プレー以外でもネットの下はくぐらないようにしましょう。
ゆるんでしまう恐れもありますが、ネットに触れることが気になる人もいるので、できるだけネット横から通るようにしましょう。
コート横が通れない場合は仕方ないので、その場合はネットに当たらないようにくぐりましょう。

暗黙ルール・マナー④相手に当ててしまったらあやまる

自分のショットが相手の体や顔に当たった場合は謝りましょう。
きちんとアイコンタクトが取れている時に謝るのがマナーです。

暗黙ルール・マナー⑤ラケットを折ってしまったとき

ダブルスでパートナーのラケットとぶつかって折ってしまった場合、時と場合によりますが基本は弁償はしません。
お互いに起こりうることですのでお互い様ということです。折れるたびに弁償していては人間関係も気まずくなるし思い切ってプレーもできなくなります。
大事なラケットが折れたらショックですが、そういうものだと割り切るしかありません。

暗黙ルール・マナー⑥年下が得点を数える

主審がいない場合は、プレーヤー内で一番若手が点数を数えるようにしましょう。
これも目上の人に対する気づかいなので、人間関係を円滑にする為のポイントです。

たい子
たい子

暗黙のルールもあるんだね!
これは教えてもらわないとわからないことだね…

Ken
Ken

そうだね!気持ちよくバドミントンをするために、自然にできたルールなんじゃないかな?
覚えておいて損はないよ!

まとめ

今回はバドミントンのルールやゲームの流れを記載しました。
こんな時どうしたらいいのかという部分がわかったかと思います。
バドミントンをやっていく中で自然と覚えていくことだと思いますが、知っておいて損はないので、初心者は予習しておくといいかと思います!

初心者の方は基礎がとても大事です!
正しい基礎を身につけましょう!

苦手を改善におすすめなのが、プロに相談すること!

プロの指導者があなたの動画を見て、最適なアドバイスしてくれます!

例えば…
スマッシュを速くするフォームを教えてほしい
ダブルスの動き方でどこが悪いのか指摘してほしい
レシーブを強くするにはどんな練習メニューをすればいいか

悩みは知ってる人に聞くのが一番の近道です!