バドミントンダブルスのスマッシュコースはどこに打つ?NGコースも解説

バドミントンダブルスのスマッシュコースはどこに打つ?NGコースも解説 戦術
バドテクシリ たい蔵
バドテクシリ たい蔵

Kenさん!ダブルスのスマッシュってどこに打ったらいいの?

Ken
Ken

今回はダブルスのスマッシュコースについて解説していこう!

単純に打つだけでは勝てないのがダブルスだから大事だよ!

バドミントンのダブルスでは攻めは最大の防御です!
攻めと言えばスマッシュ!
ただ闇雲にスマッシュを打つのは効率が悪くそれだけでは勝てません

ではダブルスでのスマッシュはどのコースが効果的で決まる確率が高いのでしょうか?
トップ選手はどこを狙って打って相手を崩しているのでしょうか。

今回は…

・ダブルスでの狙うべきスマッシュコース
・打つのはNGのリスク高いコース

をお伝えします!

有効なコースを覚えて得点を取れるように練習しましょう!

Ken
Ken

バドミントン上手くなりたい人はコレ必須です!

上達の秘訣は…イメージトレーニングです!

トップ選手のプレーを見て勉強することです!
これはかなり大事です!
そして世界大会がリアルタイムで見れるサイトはココだけです!
世界最高峰のプレーを見てワクワクドキドキしながら勉強しましょう!

バドミントン世界戦を見るならこのサイト!日本の試合では見られないスーパープレーを楽しもう
日本人トップ選手が世界で活躍している試合が見れるサイトはJ SPORTS!世界最高峰のプレーをLIVE視聴でき、歴史に残る名勝負が見られるかもしれません。場所を選ばずにいつでもスーパープレーを見てイメトレできる!J SPORTSの魅力をお伝えします

基本はストレート!前衛を利用する

ストレート

攻めが大切なバドミントンダブルスでは、スマッシュのコースはストレートが効果的です!

なぜなら、ストレートのスマッシュを打つと、前衛の取りやすい位置に返ってくる確率が高いためです。

前衛が取りやすいと、攻めの体制をキープすることができ、その結果得点に繋がります

前衛を利用するためにスマッシュで心がけることは2つ…

・前衛のことを考えながら打つ
・スマッシュで決めようとしない

です!

では、この2点について解説していきます。

前衛のことを考えながら打つ

前衛は、後衛がスマッシュを打った瞬間に返球方向を予想しながら動き出します

返球の予測範囲が狭ければ瞬時に判断でき、素速い動作が可能になります。

そのため後衛は、前衛が返球方向を予測しやすい場所にスマッシュを打ってあげることが大切。

ストレートに打つことで、これが可能になります。

スマッシュをストレートで打った場合の返球予測はこちらの図を見てください。

スマッシュ返球予測

勢いのあるスマッシュは、ストレートに返球することがやっとで、クロスにうまく返すにはテクニックが必要になります。
無理にクロスに打とうとしても中途半端に返球してしまいがち!

そこでペアである前衛が一歩踏み出せば届く場所、つまりペアの前に来るよう返球させられれば、前衛で決めることがでるので、リズムよく攻撃のペースを作れるようになります!

前衛の取りやすい位置に返球させて、得点に繋げていきましょう。

Ken
Ken

前衛に決めさせられる後衛が理想的!

スマッシュで決めようとしない

ダブルスのゲームでは、スマッシュは決めるためだけのショットではありません

後衛がコースを狙ってスマッシュ打ち、甘い球が返ってきたところを前衛が決める!

スマッシュの一球一球が必ずしも強い球でなくても、コースを狙えば攻めることができます!

スマッシュは、“前衛に決めてもらうために打つ”という意識で打ちましょう!

自分もパートナーも、無駄に体力を消耗することなく攻めることができるようになります

スマッシュ以外での有効なコースはこちら☟

スポンサーリンク

相手によってコースを変えてみる

変化

ゲームが進むにつれ、相手ペアの特徴がわかってくると思います。

そんなとき、単純なストレートではなく、もっと狙ってコースを打てるようにしてください。

・レシーブが苦手な方を狙う
・ストレート側センター寄り
・ストレート側サイド寄り

では、こちらの3つのコースについて説明していきます。

レシーブが苦手な方を狙う

どちらかがレシーブが苦手であることがわかれば、チャンスです!

パートナーと話し合って、徹底的に狙っていきましょう

レシーブ弱い方

前衛は、スマッシュのコースがわかれば動きやすくなります。

速いタッチで攻めることができれば、相手に精神的なダメージを与えることもできます!

ストレート側センター寄り

相手ペアとペアの間のコースです。

ストレート側センター寄り

お見合いをしてラケットが当たったり、取り損ねるのを狙ってみてください。

Ken
Ken

クロス側の相手に触らせないようにすることが大事です

クロス側の相手の方に打ってしまうとカウンターをもらいます…

また、こちらのコースもストレート同様、返球が鋭角にならないため、前衛が取りやすいコースになります。

基本ストレートのコースはこちらでいいと思います!

ストレート側サイド寄り

相手はセンターに来ることを想定して構えていることが多いので、相手の意識を外したい時に打ってみましょう!

ストレートサイドより

正面で球を捉えにくいコースなので、ストレートに返ってくる可能性が高いです。

しかし、高い球や威力のない球を打ってしまえば、クロスカウンターやドライブで返される可能性があるコースでもあるため、確実に沈めて打っていきましょう。

しっかりと体を入れてスマッシュを打たないとサイドアウトになるので注意が必要です!

Ken
Ken

今説明したコースのほかにも、ラケット持ってる方のあたりとかボディも結構取りにくいよ!

ダブルスの前衛の立ち位置についてはこちら☟

スポンサーリンク

スマッシュを打ってはダメなNGコースは?

NG

せっかくの攻めるためのスマッシュが、逆に攻められてしまうともったいない!

次のコースは、あまりおすすめしません。

・クロス
・高い球

NGコース①クロス

クロスにスマッシュを打った場合、相手からの返球は一番遠い場所に返ってくる可能性が高くなります

NGコースクロス

クロスに打った球がストレートで後ろに返ってきた場合、スマッシュを打った本人が走らなければなりません

ハーフや低いストレートの球が返ってきた場合も同様、前衛が間に合わないのであれば、後衛が拾いに行く必要があります

前衛が間に合ったとしても、攻めた球を返すのはなかなか難しいはず。

せっかくの攻めの体制が、守りの体制になってしまうのはもったいないですよね!

Ken
Ken

クロスのコースは相手にとっても遠い位置

不意をつくには良い場合もあるけど、多用には注意!

NGコース②高い球

ボディーや利き手の肩を狙う場合を除き、スマッシュは、なるべく沈めたコースを意識しましょう。

高い球だと相手がレシーブしやすく、ドライブなどで逆に攻められてしまう可能性が高くなります

また、カウンターで速い球が返ってくると対応が難しくなってしまうので基本は沈めましょう!

スマッシュNGコース以外でも迷惑をかけない為の動き方についてはコチラ☟

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事では、ダブルスのスマッシュの狙うべきコースについて説明しました。

スマッシュは、攻めていくための重要なショットの一つです。

スマッシュを決めなくては!と思う必要はありません。
どこを狙って、どう前衛に決めさせるかが大切です。

バドミントンダブルスは、2人で勝ち取っていく楽しさがあります。

後衛1人のスマッシュで決めにいくのではなく、前衛が動きやすいスマッシュを打って、コンビネーションで得点に繋げていけるダブルスが強く勝ち上がっていけるダブルスだと思います!