バドミントンダブルス強くなるために意識すること!攻めは最大の防御!

戦術
バドテクシリ たい蔵
バドテクシリ たい蔵

Kenさん!ダブルスの戦術を教えてよ!

Ken
Ken

了解!今回はダブルスの戦術
ダブルスで意識すべきことを見ていくよ!

バドミントンダブルスでは勝てるようになるには戦術が大事です。
ただ一生懸命ガムシャラにがんばっていても勝つことはできません

勝てるダブルスには必ず戦術があります

なかなかダブルスで上手く勝てないという人は戦術を意識できていないか、相手の方が上手く戦術を使って、自分たちのダブルスができないようにしているか…

どちらにしてもレベルを上げるためには戦術を意識しなければなりません。

今回は、

ダブルスを強くなる為に意識すべき戦術のポイント

をお伝えします。
今回の内容はマインドの部分なので結構重要です!

意識ポイント①ラケットを下げない

下げない

バドミントンのダブルスは、シングルスに比べて一球一球がとても速いです。
そのため、ラケットを下げてしまうとシャトルの速さに追いつくことが出来ません

また、ダブルスは攻めが基本であるため、できる限り速いタッチで球をコートに沈めていきたいところ。
ラケットを上げておくことで、速くタッチができ攻めるショットが打てる可能性が高くなります。

上から叩けるチャンスを逃さないために、ラケットは下げないようにしましょう。

ラケットを上げるクセ
スポンサーリンク

意識ポイント②ネットに詰める

Go

「ネットに詰める」とは、前へ前へ出るということ。

なぜ大切かというと、こちらもポイント①と同様、速いタッチをするためです。

Ken
Ken

前への意識があると攻める気持ちも維持しやすい!

また、よりネットに近い場所で打つことで、速く相手に届きます。
そうすることでリズムが良くなり、得点が決まりやすくなります。

しかし、どんな球を打った後でも詰めればいい!というわけではありません

詰めた方がいいのは、

・沈めることができた時
・ドライブで相手を押している時

では、この2点を具体的に説明していきます。

沈めることができた時

取りにくい場所に球を沈めることができれば、相手からの返球は下からになります。

どのような球が返ってくるかというと、

・ロブを上げる
・ハーフの距離に返す
・ネット前に落とす

これらのショットが予測できます。
下から打つので、攻撃力のある球は返ってきません!

したがって、沈めた球を打つ相手の返球は甘くなりがち

この球を狙ってネットに詰めていくクセをつけましょう!

Ken
Ken

甘い球が返ってくると思ったのに後ろに返って場合は、パートナーにおまかせ!

パートナーを信頼して自分の役割をする…それがダブルスです!

前衛に入る

ドライブで相手を押している時

ドライブのラリーで押しているのにずっと同じ場所で打っていると、チャンスを逃してしまいます

ドライブの威力が相手より強い!
自分ドライブで相手を崩せる!

と感じたら、どんどん前へ出ていきましょう!

相手も押されると、甘い球を返球しがちになります。
甘い球が返ってきた時が、攻め切るチャンスです!

Ken
Ken

逆に相手に押されている時は無理に前へ出るのはNG!

逆に攻められてしまう…

前衛に入った時の立ち位置や考える事はこちらで詳しく解説しています☟

スポンサーリンク

意識ポイント③ハーフ球を使う

シャトル

ハーフ球は、相手コートのエンドラインとネットの真ん中辺りに打つ球です。

ハーフ球

ハーフ球でラリーを決められる場合もありますが、基本的には相手に甘い球を打たせる目的で使います。

ハーフ球はどんな意識で打つかと言うと、

・前衛が前へ詰めてきている時に、前衛を抜くよう打つ
・強く打つ必要なし!二人の間のコースに沈める
・前衛のバック側が取られにくいので効果的

です!

Ken
Ken

前衛のバック側がおすすめだけど、フォア側へ不意に打つのも効果アリ!

前衛を抜いた球は後衛がカバーに入るので、後衛は下から取る可能性が高くなります

このハーフ球に対して相手後衛は、

・ロブを上げる
・ネット前に落とす

・ハーフ球を狙ってくる

この3種類のショットが考えられますが、たいてい甘い球である可能性が高いです。

前衛が狙っている

甘い球が返ってきたところをルズムよく攻めていきましょう!

具体的なハーフ球の打ち方はコチラで詳しく解説しています!

スポンサーリンク

意識ポイント④2対1の状況をつくる

集中砲火

2対1というのは、2人で相手ペアの1人を攻める という状況を作ることです。

2対1の状況

1人を攻めてストレスをかけていくことで、得点に繋がりやすくなります

ダブルスの基本的な攻撃体制は、トップアンドバック。
後衛がコースを攻めた球を打ち、相手に甘い球を上げさせて前衛がそれを決める形が理想的です。

そのためには、後衛が相手のどこを狙うかが重要になります。

具体的には、

・ボディーや利き手の肩あたり → レシーブしにくいので、甘い球が返ってきやすい
・ストレート → 返球が鋭角にならないため、前衛が張りやすい

打ちづらいポイント

この2か所を狙うことをおすすめします。

後衛の攻撃コースについてはこちらの記事で詳しく解説しています!

意識ポイント⑤攻めは最大の防御

武器

バドミントンダブルスの基本姿勢は、「攻めは最大の防御」です!
こちらが攻めなければ攻められます。

守備を強化することはもちろん大切ですが、守ってばかりいては得点に結びつきません

また、一球一球が速いので、守りに転じてしまうと失点のリスクが大きくなります。

攻めることができる時は、なるべく攻めるショットを打っていきましょう!

常に攻める意識を持ち、相手が打ちにくい…上げざるを得ない…という球運びを意識することで、結果的に自分たちを守ることに繋がります!

まとめ

今回の記事では、ダブルスで意識することについて解説しました。

やはりダブルスの基本は、”攻め”。

ラケットを下から振っていては、なかなか攻めることができません。

上から振る状況を自ら作っていき、ゲームの展開を有利にしていきましょう!

ダブルスが苦手だと感じていた人は、意識するポイントを押さえてプレーしてみてください!

Ken
Ken

バドミントン上手くなりたい人はコレ必須です!

上達の秘訣は…イメージトレーニングです!

トップ選手のプレーを見て勉強することです!
これはかなり大事です!
そして世界大会がリアルタイムで見れるサイトはココだけです!
世界最高峰のプレーを見てワクワクドキドキしながら勉強しましょう!

バドミントン世界戦を見るならこのサイト!日本の試合では見られないスーパープレーを楽しもう
日本人トップ選手が世界で活躍している試合が見れるサイトはJ SPORTS!世界最高峰のプレーをLIVE視聴でき、歴史に残る名勝負が見られるかもしれません。場所を選ばずにいつでもスーパープレーを見てイメトレできる!J SPORTSの魅力をお伝えします