バドミントンダブルスの崩し方!カットドロップの打ち方違いがポイント

バドミントンダブルスカットの使いどころは?ドロップ混ぜて崩す方法 戦術
たて男
たて男

Kenさん!カットってダブルスで使えるの?

Ken
Ken

カットめちゃくちゃ使うよ!
じゃあ今回はダブルスでのカットとドロップの話しをしよう!

バドミントンダブルスでは、カットは一発では決まらないのであまり使わない人もいるかと思いますが、戦術や駆け引きを行うには多用するショットです。
ドロップも組み合わせると相手をかく乱させるには十分な武器になります。
今回は…

・ダブルスでのカットの活用方法
・カットとドロップの違い
・カットの種類
・カットの練習方法

をお伝えします。
スマッシュがなかなか決まらない人は、「崩し」が足りないと思われます。
カット・ドロップを混ぜてみましょう!

バドミントンダブルスで使うカットとドロップの違いは?

ドロップとカットの違い

はじめにカットとドロップの違いに見ていきましょう!
違いがわかると活用方法もわかってくるかと思います。

バドミントンのカットとは

カットとは、インパクト時に少し切るイメージで打つことで、スイングスピードをあまり落とさずに相手の手前に落とすことができるショットです。
軌道はスマッシュに似ていますがネットを越えたあたりから沈んでいきます。
スマッシュを構えていた相手からすると、手元に届く前にシャトルが沈んでくるので腰を落として1歩か2歩前に出て対応する必要があります。

カット

バドミントンのドロップとは

ドロップとは、弱めのインパクトで打ち、ネットを越えたあたりに落とすショットです。
球威はなく、一発で決まることは少ないですが、ミスも少なく、相手をしっかりと前まで動かすことができるつなぎに最適なショットです。
※つなぎとは、攻撃ショットではなく、攻撃できない体勢で打たなければならない時や相手に攻めれたくないというときに、相手コートの空いているところを狙って打ち、ラリーを続けること。

ドロップ

カット・ドロップがダブルスで必要な理由

カットとドロップはダブルスでは有効なのでしょうか?目的は3つです。

1つ目は「緩急」です。単調なスピードのラリーだと相手も慣れてくるのでなかなか決まりません。カットやドロップを混ぜることでペースを乱すことができます。

2つ目は「崩し」です。ガッツリとレシーブ体勢だとスマッシュも決まりにくいですが、カットやドロップを混ぜることでレシーブの体勢が崩れたり、ラケット位置が下がったりしてスマッシュが決まりやすくなります。

3つ目は「つなぎ」です。ずっと攻撃では疲れます。ラリー中は攻撃以外のショットのミスをいかに少なくするかで点の取り方、取られ方が変わってきます。

カットとドロップを混ぜると効果的
たて男
たて男

カットとドロップって結構大事なんだね!

スポンサーリンク

カットには3種類ある!それぞれの打ち方と握り方

カットの打ち方と握り方

カットには大きく3種類あります。それぞれの特徴と打ち方、握り方を解説します。

フォアカット

フォアカットとは一般的なカットで、ドロップよりも長くスマッシュよりも遅いけど手前に落ちるショットです。
クリア等を打つ際のフォームとあまり変わらないスイングスピードで振ります。
相手から見るとスイングスピードが遅くないのでクリアが来るように見えます。
少し覆いかぶさるイメージで打ちましょう。
シャトルコルクの斜め上をこするイメージです。
インパクト時の握り方はぐっと握ることでフォアで打つ方の面が自分の顔の方に少し向くような握り方です。
握る力は個々で違うのでちょうどいいポイントを探してください。

フォアカットの打つ位置

カットスマッシュ

カットスマッシュとは、スマッシュ時のシャトルの伸びを殺し、レシーブのタイミングをずらす緩急を目的としたショットです。
フォームはスマッシュと全く同じで、インパクト時にシャトルを切るだけなので、相手側から見るとスマッシュが来るように見えます。
シャトルコルクの真横をこするイメージです。
インパクト時の握り方はスマッシュの握り方と同じですが、親指と人差し指の力の加減で面の角度を少し調整して、まっすぐ当てないように握ります。
こちらもイメージを持って繰り返し練習が必要です。

カットスマッシュの打つ位置

リバースカット

リバースカットとは、フォアカット同じ面で打ちますが、逆方向に切るショットです。
スイング時のラケットの軌道に対して、シャトルが逆方向に飛んでくるので相手の初動を遅らせることができるショットです。
インパクト時の握り方は、握りを甘くし、ウエスタングリップに近い握り方になります。
頭上でワイパーでシャトルを打つイメージで打つとはじめはうまくいきやすいです。
切ることを意識しすぎるとうまくいかないので切りながら押し出すイメージで繰り返し練習してみてください。

リバースカットの打つ位置
スポンサーリンク

ダブルスでカット・ドロップはいつ使う?相手の崩し方

カットとドロップの使いどころ

ダブルスでカットとドロップはいつ使うのでしょうか?
カットとドロップで決まることはほぼないので「崩し」として使っていきましょう。
いくつか例をあげていきます。

守りが堅いときの崩しのカット

スマッシュを何度打っても決まらない…という時ありますよね?
相手はスマッシュのスピードにも慣れて、落ち着いて対応されている状態です。
そんな時にカットを混ぜると相手のレシーブリズムが崩れることがあります。
相手両ペアの真ん中かクロス前に打ち、相手を一歩動かすイメージです。
早く沈み込むカットを打つと、相手の体勢を崩すことができます。

カットのつかいどころ

つなぎのドロップ

攻撃できない体勢で次の攻撃の準備や、相手のレシーブ位置が後ろの場合、ネット前に落とすドロップが有効です。
ドロップはカットと違って切るショットではないのでミスをする確率がぐんと下がります。
バドミントンはつなぎのショットが7割と言われています。
ダブルスでは、大きく返すつなぎのショットだと攻撃されるので、ネット前に落とすつなぎのドロップが特に重要です。
相手のいない位置に落とし、「相手を動かす」ことを目的にドロップを使ってみましょう

ドロップの使いどころ

緩急のカットスマッシュで軌道をずらす

連続スマッシュ攻撃の時に、特に有効なのがカットスマッシュです。
通常のスマッシュに比べて手元に届くまでのスピードを遅らせることができるので、緩急になりレシーブのリズムを崩すことができます
また、カットスマッシュは通常のスマッシュに比べて伸びないので早く沈み込んでくれます。
レシーブの高さを変えることで、レシーブ側はさらに取りづらくなるでしょう。

カットスマッシュの使いどころ

足を止めるリバースカット

リバースカットのメリットは相手の足を止められること
リバースカットを打たれると、重心がシャトルと反対方向に一瞬移動してしまうので、シャトルの方に体重移動する際、通常よりもワンテンポ遅れます。
足が止まると、足への負荷が大きいので疲労もたまりやすく疲れます
多用すると相手も慣れてしまいますが、2、3セット目や長いラリーの時に1球混ぜるとかなり効果的に相手の動きを止めることができます。

リバースカットの使いどころ
スポンサーリンク

カットの練習方法

カットの練習は主に基礎打ちでタッチの感覚や振り方を繰り返し体で覚える方法があります。
感覚がある程度わかってくると、動きを入れた練習メニューがおすすめです。
実際の試合でも止まって打つという状況はなかなかないので、動きながら丁寧に入れることを覚えましょう。
動きながらの練習は以下のパターン練習がおすすめです。

カットの練習

まとめ

今回は、
・ダブルスでのカットの活用方法
・カットとドロップの違い
・カットの種類
・カットの練習方法

をお伝えしました。
あまり目立たないショットですが、磨いておくと必ず役に立つショットです。
タッチの感覚が大事なので反復練習しましょう!

もっと実践的で上を目指した練習メニューが知りたい方はこちらがおすすめです☟

バドミントン全国大会で優勝するチームは普段どんな練習してるのでしょうか?
もし自分たちもその練習方法を取り入れたら勝てるようになるのか!?

気になりますね・・・

過去何度もチームを全国大会優勝へ導いた監督の指導方法です!

正直言って、一生使える知識です!